独特な店 シンパシーオブソウルブレスレットアクセサリーメンズ ブレスレット

独特な店 シンパシーオブソウルブレスレットアクセサリーメンズ ブレスレット

陳列・VMD

独特な店 シンパシーオブソウルブレスレットアクセサリーメンズ ブレスレット

売り場環境に合わせたPOPの使い分けとお客様の心に響くキャッチコピーの作り方について前回までのコラムで解説してきました。次に考えるポイントは、こうして丹念に作られたPOPが、売り場の中で埋もれないための工夫です。

今回は、複数のPOPを最適に設置し、売り場全体に統一感を出すことで、売り場の注目率を上げる方法をご紹介します。

目次

量販店の売り場では、多くの商品とともに数多くのPOPが目に飛び込んできます。

大量のPOPが乱用されている売り場では、情報量が多くお客様の目線はあちこちに移動するので、本来伝えたい商品の価値が訴求できていないこともあります。
こうしたPOPの激戦区でお客様に目をとめてもらう売り場にするためには、どのような工夫をすべきなのでしょうか。

Photo by patagonia パタゴニア マウンテンパーカー ダウンジャケット アウトドア

以前のコラムで、商品のリピテーション陳列についてお話ししました。リピテーションのポイントは、同じ形や色、サイズのものを連続して陳列することで、小さな商品であっても大きな塊に見えるようになり、情報量の多い売り場での存在感が向上することでした。

この「大きな塊に見せて、売り場の存在感を上げる」という考え方は、POPでも応用できます。使用するPOPに「統一感」を出すことで、同じグループであることを一瞬で理解させ、売り場の中で該当商品のブランドイメージを強く訴求することができます。

具体的にPOPデザインの統一感を出すためには、次の3つのポイントを意識することが重要です。

POPデザインに統一感を出すためのポイント

1.形・サイズ :POPの形状やサイズを、商品カテゴリーごとに統一する
2.カラー   :POPに使用するカラーを統一する
3.フォント  :POPに使用する文字フォントをブランドイメージにあった書体で統一する

POPを使用して売り場の注目率を上げるためには、POPデザインの統一だけでなく、POPを「どのように設置するか」という設置方法にも気を配ることを忘れてはいけません。
POP設置方法のポイントは下の表のとおり8つあります。

表1

No 項目 ポイント
分類設置 商品バリエーションの大・中・小の分類(カテゴリー)に沿って設置されているか
適量 伝える情報やPOPの数量は適量か
視認性 POPは見えるように設置されているか
POPで商品を隠していないか
グリッドライン POP設置位置のタテ・ヨコのラインは揃っているか
適材適所 ジャニーズJr./素顔4 ジャニーズJr.盤/関ジュ盤
医師国家試験 QB クエスチョンバンク A~X 2019
茂田井武 画集 1946〜1948 希少本 特別価格!! POP設置用具 Trus'me レコードセット
ストラップ2本付き 廃盤グレー Switch 左右 ジョイコンJoy-Con  クリンリネス  はがれ、よじれ、汚れ、色あせはないか
 ゲームボーイアドバンスSPブルー  カセット  古いPOP、期限切れのPOPはないか

特に優先度が高いものが次の3つです。

まめしば©︎018購入前に必ずコメ様専用ページ:どこに何が置いてあるかをわかりやすく伝えるため、商品バリエーションの大・中・小の分類(カテゴリー)に沿ってPOPを設置します。
花より男子2(リターンズ) DVD-BOX〈7枚組〉輸入盤 新品未開封
限定盤◼️高品質◼️高音質盤◼️BOBBY HUTCHERSON◼️COMPONENTS
中分類:商品バリエーション(例:30cmフライパン、深型フライパン)
写真の理論

②適量:POPの数量や掲載されている情報量を、売り場環境に適した「量」に調整します。

③視認性:POPが隠れていたり、逆にPOPが商品を隠してしまっていたりしていないかを確認しましょう。

出禁様専用

メーカーの営業担当者様やラウンダー(フィールドスタッフ)など皆に共通したルールがあれば、誰が手直しをしても元の状態に戻すことが可能です。下のイラスト(図2)のようなメーカーオリジナルのPOPデザインや設置に関するルールブックを作成することで、売り場づくりに携わる人の経歴やスキルに関わらず、統一感を持たせることができます。
イラストを交えて詳細にわかりやすく作成することが重要です。

図2

今まで3回に渡って<新品、未開封>リカちゃん 12179 クリスマスモデル リカちゃんキャッスルPOPの文章の書き方 、POPのデザインと設置の仕方とお話ししてきました。

最後に、当たり前ながらもお伝えしたいのは、どれだけ素晴らしいPOPでも、どんなに見映え良く設置されていても、最後に手に取られるものは「商品」でなければならないということです。まれに、あまりにPOPに力を入れすぎた結果、商品よりもPOPが目立っている売り場や、商品以上の効能をアピールしているPOPが存在することも事実です。
poor様 専用

良い売り場に、悪い売り場。こうした売り場の評価には、はっきりとした基準を設けなければ、その効果検証も、成功事例の横展開も難しくなってしまいます。

CIX SUBK トレカ スンフン 直筆サイン入りCALEE スターブレスレット

独特な店 シンパシーオブソウルブレスレットアクセサリーメンズ ブレスレット

OLD STUSSY オールドステューシー フォトT キッズ 黒タグ80s