最高級 valentino logo ヴァレンティノ L ジャージ 上下 セットアップ  その他

最高級 valentino logo ヴァレンティノ L ジャージ 上下 セットアップ  その他

陳列・VMD

最高級 valentino logo ヴァレンティノ L ジャージ 上下 セットアップ  その他

売り場環境に合わせたPOPの使い分けとお客様の心に響くキャッチコピーの作り方について前回までのコラムで解説してきました。次に考えるポイントは、こうして丹念に作られたPOPが、売り場の中で埋もれないための工夫です。

今回は、複数のPOPを最適に設置し、売り場全体に統一感を出すことで、売り場の注目率を上げる方法をご紹介します。

目次

量販店の売り場では、多くの商品とともに数多くのPOPが目に飛び込んできます。

大量のPOPが乱用されている売り場では、情報量が多くお客様の目線はあちこちに移動するので、本来伝えたい商品の価値が訴求できていないこともあります。
こうしたPOPの激戦区でお客様に目をとめてもらう売り場にするためには、どのような工夫をすべきなのでしょうか。

Photo by OY

以前のコラムで、商品のリピテーション陳列についてお話ししました。リピテーションのポイントは、同じ形や色、サイズのものを連続して陳列することで、小さな商品であっても大きな塊に見えるようになり、情報量の多い売り場での存在感が向上することでした。

この「大きな塊に見せて、売り場の存在感を上げる」という考え方は、POPでも応用できます。使用するPOPに「統一感」を出すことで、同じグループであることを一瞬で理解させ、売り場の中で該当商品のブランドイメージを強く訴求することができます。

具体的にPOPデザインの統一感を出すためには、次の3つのポイントを意識することが重要です。

POPデザインに統一感を出すためのポイント

1.形・サイズ :POPの形状やサイズを、商品カテゴリーごとに統一する
2.カラー   :POPに使用するカラーを統一する
3.フォント  :POPに使用する文字フォントをブランドイメージにあった書体で統一する

POPを使用して売り場の注目率を上げるためには、POPデザインの統一だけでなく、POPを「どのように設置するか」という設置方法にも気を配ることを忘れてはいけません。
POP設置方法のポイントは下の表のとおり8つあります。

表1

No 項目 ポイント
分類設置 商品バリエーションの大・中・小の分類(カテゴリー)に沿って設置されているか
適量 伝える情報やPOPの数量は適量か
視認性 POPは見えるように設置されているか
POPで商品を隠していないか
グリッドライン POP設置位置のタテ・ヨコのラインは揃っているか
適材適所 シルバー925喜平ブレスレット
WAさん専用
adidas アディダス トラックジャケット ジャージ 小松菜奈 POP設置用具 ノスケ様専用 21AWオーバーJK ボールドラインPT セットアップ
2000s NIKE ACG Mountain parka  クリンリネス  はがれ、よじれ、汚れ、色あせはないか
 フルカウント サイズ40 2743 タイトフィットデニムジャケット Gジャン  古いPOP、期限切れのPOPはないか

特に優先度が高いものが次の3つです。

ピークデザイン エブリデイスリング 6L ブラック:どこに何が置いてあるかをわかりやすく伝えるため、商品バリエーションの大・中・小の分類(カテゴリー)に沿ってPOPを設置します。
barbour sl beaufort jacket fur lined
アディダス スタンスミス バルク 黒 GY4934
中分類:商品バリエーション(例:30cmフライパン、深型フライパン)
US古着カーハートcarharttダック地ベストフリースブルゾンフルジップ

②適量:POPの数量や掲載されている情報量を、売り場環境に適した「量」に調整します。

③視認性:POPが隠れていたり、逆にPOPが商品を隠してしまっていたりしていないかを確認しましょう。

ザノースフェイスマウンテンジャケット

メーカーの営業担当者様やラウンダー(フィールドスタッフ)など皆に共通したルールがあれば、誰が手直しをしても元の状態に戻すことが可能です。下のイラスト(図2)のようなメーカーオリジナルのPOPデザインや設置に関するルールブックを作成することで、売り場づくりに携わる人の経歴やスキルに関わらず、統一感を持たせることができます。
イラストを交えて詳細にわかりやすく作成することが重要です。

図2

今まで3回に渡ってJo MALONE コロンPOPの文章の書き方 、POPのデザインと設置の仕方とお話ししてきました。

最後に、当たり前ながらもお伝えしたいのは、どれだけ素晴らしいPOPでも、どんなに見映え良く設置されていても、最後に手に取られるものは「商品」でなければならないということです。まれに、あまりにPOPに力を入れすぎた結果、商品よりもPOPが目立っている売り場や、商品以上の効能をアピールしているPOPが存在することも事実です。
【人気コラボ】パレス×アディダス☆マルチカラープルオーバーナイロンジャケット

良い売り場に、悪い売り場。こうした売り場の評価には、はっきりとした基準を設けなければ、その効果検証も、成功事例の横展開も難しくなってしまいます。

限定希少コラボ G-SHOCK × FuturaSPOX ジャケット

最高級 valentino logo ヴァレンティノ L ジャージ 上下 セットアップ  その他

ラルフローレン 刺繍 濃紺 青 ポニー ネイビー ポロ 1313